根を下ろすトルストイ

 学期末も近づいていて、トルストイ「セルギイ神父」の講読の授業も今日でおしまい。

 トルストイの回りくどい文章は学生の実力からすると難しすぎた、というのが反省点だが、やはりこのくらいの強度のある小説でないと学生の心を打つことは難しいだろう。履修者の反応はさまざまだったが、いずれにしてもこの小説が彼らの想定していた水準を凌駕していたことは間違いない。

 「神の道」を問うこの小説が現代日本でアクチュアリティを持つのか、という問題提起をした学生もいて、いやいや、グローバリズム化の中でむしろトルストイは輝きを増しているのではないか、という議論にもなったので、本当に良かった。

 そんな議論の中で改めて思ったのだが、清貧や非暴力といったトルストイの考えはキリスト教だけでなく仏教にも通じるところがあって、もう私たちの文化の基礎に組み込まれているように思う。トルストイを読まない人でも、その心の中には初めからトルストイが住んでいるのだ。

6:25発

 授業に間に合うようにと、羽田を6時25分に出る飛行機を予約した。

 泉岳寺のホテルに泊まったのだけれど、余裕を持って空港に到着するためには5時23分発の京急に乗らねばならない……ということは、4時起きだ!! 何だか、スキーの大会に行くみたいだ。

 最後の荷造りにもたついてしまい、ホテルからホームまで走ることになったのだが、京急には無事に乗車することができた。新千歳空港に到着したのは8時頃で、大学に直接向かうバスが出るまでには50分も時間があったので、JRと地下鉄を乗り継いで一旦、家に戻り、車で出勤した。バスよりも早く大学に着いたはずだ。

 しかし、これなら飛行機通勤とかできそうだな。予備校の人気講師の人は、こういう移動をしているのだろうな。

広告を非表示にする

さらば、理事会

 東大で日本ロシア文学会の理事会があって、出席してきたのだが、理事会も秋の総会で退任なので、理事会後の懇親会に出るのも今日が最後。
 委員長や理事になる前の国際交流委員の頃からだから、懇親会には12年くらい出ていたな。もっとさかのぼると、大学院生の頃に理事会の手伝いをしていて、手伝いの人もどうぞということで、本郷の加賀屋で開かれた懇親会のすみっこでビールをご馳走になっていた。
 執行部や理事の方々と本郷で飲むのも最後かと思うとちょっと寂しいが、これで卒業だ。お世話になりました。

広告を非表示にする

きぬかけの道

 昨日は研究会で北大にいたのだけれど、今日はJSEESの理事会があったので、京大である。明日はロシア文学会の理事会で東大。
 まあ、JSEESの理事もロシア文学会の理事も秋で退任なので、巡礼のような旅もこれが最後だ。
 京都に来ることも今後はなかなかないだろうから、会議の後で龍安寺に行くことにした。これまでなぜか、行く機会がなかったのだ。
 ところが、京大から龍安寺に行くのが難しく、バスに乗ったら龍安寺ではなく、北野天満宮に来てしまった。
 f:id:kazuhisaiwamoto-su:20170722183606j:plain
 北野天満宮に参拝した後、二度目は失敗しないようにと、コンビニでバス停を教えてもらったのだが、そのバスが向かったのは龍安寺ではなく仁和寺だった。何か見えざる手に導かれるように仁和寺を参拝したのだが、金堂や観音堂が修復中でちょっと残念……しかも、暑さでスマホのカメラが動かなくなり、写真も撮れず。
 もうバスに乗るのはやめ、仁和寺から「きぬかけの道」という坂道をスーツケースをガラガラ引きずりながら登ると、龍安寺に出た。ピリピリした場所かと思っていたのだが、外国人観光客や修学旅行生がおしゃべりしている、なかなか楽しげな空間だった。とはいえ、そんな喧騒を気にせずに沈黙を感じ取れるのだから、やはりすごい庭なのだろう。
 f:id:kazuhisaiwamoto-su:20170722185103j:plain
 

広告を非表示にする

あ、二枚舌

 社会主義リアリズム美術をテーマにした「ユーラシア表象研究会」というのを聞きに、夕方、北大まで行ってまいりました。
 2つの発表を聞きながら思ったのは、「芸術家は善」とか「権力に抵抗するのが芸術家」みたいな考え方はまだ根強いのかなあ、ということですかね。あ、亀山先生が「二枚舌」を強調された影響もあるのかも……。

広告を非表示にする

30年たっても終わらない歌

 昨日は科研費の使用についての説明会があったのだけれど、想像していたのとはまったく違う人たちを見ることができ、何というか、忘れられない時間になった。適切な言葉が見つからないのだけれど、「優雅」というのが自分としては一番しっくり来る形容かな?

 まあ、私も東大と稚内北星学園大という、極端な学校しか知らないからなあ。世の中にはいろいろな場所があるのだな。

 ***

 死のうとしたことのない人も多いんだろうな、と帰宅してから、ふと思った。で、「うまくいかない時 死にたい時もある」とか「一人ボッチで泣いた夜」とか歌ったブルーハーツのことを思い出した。そういえば、ブルーハーツがアルバム出してから30年になるんじゃないかなと思ったら、やはりそうだった。

 前任校はかつては「市のお荷物」とか言われていて(今はそんなことはない)、けっこう辛い思いをしたこともあったのだけれど、「世界の真ん中」や「終わらない歌」があったから乗り切れたんだよな。

 うん、「全てのクズ共のために」。

8時間労働制

 もう20年以上、教壇に立っているわけだが、その中でも学生から想定外の反応が出てきた授業は、思い出に残るものとなっている。授業改善についての新聞記事を読むよりは、学生の反応を見ている方がずっと勉強になる。

 今日の授業も、そんな忘れられない授業になった。

 知識偏重ではダメだ、考える教育が大切だ、と言われる。そうは言っても、鎌倉幕府は頼朝が開きましたとか、レーニンがロシア革命を起こしました、といった前提となる知識がなければ考えることもできないわけで、私が担当するような外国文化の授業はまず知識の伝達から始まることになるのだけれど、今日は学期末なので「考える」ことに取り組んでみた。

 「ロシア革命はなぜ起こったのか」、「アヴァンギャルド芸術に代わって、社会主義リアリズムが出現したのはなぜか」という問題を、学生たちに考えてもらった。

 教室で発言を引き出すためのいくつかの方法も新たに知ることができたのだが、昨今の世の中では、学生たちの反応を具体的に書くことはははばかられる。一般的な発見だけを書くことにするが、現代社会の支配的なイデオロギーや不安は、ロシア革命のような外国の過去の出来事を理解する際にも影響するということに、改めて気づくことができた。

 たとえば、現代の日本の若者にとって失業と過労死のどちらが不安かと言えば、おそらくは失業なのである。就職活動という試練に挑んでいる学生の場合は、特にそうだろう。同様に、努力や競争という営みも、学生には身近なものとなっている。だから、社会主義体制という言葉から連想されるのは、「失業のない社会」、「競争のない社会」ということになる。もしかすると、学生ではなく日本人の大半がそう思っているのかもしれないし、ソ連解体などを考える際には、こういう理解も的外れとは言えない。

 だが、革命の起こった時期のロシアは第一次世界大戦中であり、人不足だったのだ。そして、労働者が要求したのは、8時間労働制だった。彼らは「働きたい」と思ったわけではなく、「働きたくない」と思って革命を起こしたのである。

 「競争」にしても、帝政ロシアの農民と貴族の間には、努力では乗り越えられない溝があったわけで、革命によって「競争」が失われたと簡単に言うことはできないだろう。

 歴史的事実とそれについての理解の「ずれ」を修正するにはとても大事なことだが、それにはまず教師と学生の「ずれ」を埋めなければならない。教師が学生のことを理解しなければならない。そのことを改めて実感できた日だった。

 ***

 ところで私自身も、8時間労働制の意義や歴史を学校の授業できちんと教えてもらった記憶はない。学生時代に八王子のセミナーハウスで社会主義体制解体についてのセミナーか何かがあった時、直野先生の班で別の大学の共産主義者の学生と一緒になったのだが、自由のない社会主義体制はロクなものではないと唱える私に対し、彼が「ロシア革命がなければ8時間労働制もなかったんだ」と力説するので、それで心に刻みこまれたのである。

 あれも忘れられない思い出になった。彼は今、どこで何をしているのだろう?

広告を非表示にする