Rethinking Sovet War Films

 昨日は北大のスラヴ・ユーラシア研究センターの研究会 "Rethinking Soviet War Films" でクリスティアン・フェイゲルソンさん(パリ第3大学)とグリナラ・アビケエヴァさん(カザフ中央土木建築アカデミー)の報告を聞きました。

f:id:kazuhisaiwamoto-su:20190110203051j:plain

 フェイゲルソンさんの報告は「雪どけ」期の映画『鶴は翔んでゆく』、『誓いの休暇』、『僕の村は戦場だった』のプロパガンダ性を当時の世界情勢の中で再考したもので、ドヴジェンコなど30年代のソ連映画のスタイルとの連続性、「国外ではなく国内に敵がいる」というスターリン的な世界観が指摘されていました。

f:id:kazuhisaiwamoto-su:20190110203132j:plain

 アビケエヴァさんの報告はソ連期のカザフスタンの戦争映画についてのものでしたが、ソ連映画の戦争表象においては民族性が必要とされていなかったため、カザフにおいては戦争映画の数も少なかったのだそうです。

f:id:kazuhisaiwamoto-su:20190110203146j:plain

フッズ、それからオクジャワ

 日曜日の夜、フッズで札幌スキー連盟のスキーパトロール養成講習があり、講師を担当してきた。

f:id:kazuhisaiwamoto-su:20190109005925j:plain

 そして、月曜日から授業再開である。文学史の授業は「雪どけ」までたどり着き、昨日は学生たちにオクジャワのビデオを見せた。

 聴衆の真剣な顔を見ていると、歌が人々の心の支えになっていたことが伝わってくる。そういう真面目な時代もあったのだ。

降雪後の研修会

 札幌スキー連盟安全対策部の研修会でフッズへ。

 スキー場に続く坂道が、視界不良という理由で一方通行になっていて、ゲートで40分も待たされてしまった。

 研修はアキヤボート搬送の練習で、私も2本引く。2本目は体重が90キロオーバーの方に患者役になってもらったので、足さばきの練習というよりも前腕の筋力トレーニングのような感覚になってしまったのだけれど、それもまた経験。

f:id:kazuhisaiwamoto-su:20190106000444j:plain

ミュンヘン大橋明け暮れ

 休日の藻岩山スキー場は駐車場が混雑するので、藻岩山スキー学校の教師はスキー場のバスで、ミュンヘン大橋から往復します。

 朝焼けがきれいでした。

f:id:kazuhisaiwamoto-su:20190104192934j:plain

 こちらは黄昏のミュンヘン大橋、ウサギ平のナイター照明が見えます。

f:id:kazuhisaiwamoto-su:20190104193001j:plain

新年初滑りは初心者講習

 今日のスキー学校は初心者の班の担当でした。階段登行から始めて、リフトに乗ってゲレンデを滑走できるまで。

 初心者を教えるのは6年ぶりのような気がするのですが、かつてはシーズンに何度もやっていました。改めてやりがいを感じます。

f:id:kazuhisaiwamoto-su:20190102201241j:plain